animal.png

大切なペットの健康を

腸内環境からサポートします

animal_young-item.png
img_certificate.png
ペットのこのような症状で
お困りではありませんか?
チェックボックスのフリーアイコン.png

尿の臭いがきつい

チェックボックスのフリーアイコン.png

元気が無く、いつも寝ている

チェックボックスのフリーアイコン.png

目ヤニが多く、かゆがる

チェックボックスのフリーアイコン.png

ひきつけを起こしやすい

チェックボックスのフリーアイコン.png

脱毛や皮膚疾患を起こしやすい

チェックボックスのフリーアイコン.png

発熱することが多い

チェックボックスのフリーアイコン.png

よく吐くことがある

チェックボックスのフリーアイコン.png

歯槽膿漏にかかりやすい

チェックボックスのフリーアイコン.png

便秘や下痢などを起こしやすい

チェックボックスのフリーアイコン.png
高血圧である
チェックボックスのフリーアイコン.png

口臭がきつく、よだれが多い

チェックボックスのフリーアイコン.png
おならの臭いがきつく、便が黒い
チェックボックスのフリーアイコン.png

感染症を起こしやすい

チェックボックスのフリーアイコン.png

肥満・脂肪肝診断を受けたことがある

いずれも腸内環境の悪化により、引き起こされる体調不良です。

大切なペットのための生活習慣予防

動物も人間と同じように免疫力の低下が病気の原因となります。
ペットの病気には微生物(菌・ウィルス・カビ)などによる感染症が多く、腸管免疫力の低下が問題とされています。
腸管免疫の低下はペットの消化や代謝に大きく関わり、未消化物が増えると便の臭いや体臭が強くなり、糖尿病や癌などの生活習慣病に発展すると言われています。アニマルヤングは近年問題となっているペットの生活習慣病予防を腸管からサポートするための商品です。

アニマルヤングの必要性

本来ペットは屋外で飼われ、様々な雑菌と共存し免疫力をつけてきました。しかし近年はハウスペットが主流となり、外界の雑菌による獲得免疫も不足気味となり、アレルギー性の皮膚病なども増えています。
また、運動量が少なく、食事も栄養価の高いペットフードとなり、人間と同じくペットの世界にも癌、糖尿病、肝臓病、腎臓病、慢性疾患、肥満、脂肪肝などの生活習慣病が急増しています。

病気になってからでは遅い、未病の対策を

ペットの数と病気が増える中で、追いついていないのが医療対策です。
個人でペットの医療保険に加入するしかなく、しかも加入率は飼育世帯数の約1%といわれています。

大切なペットのためにも病気を未然に防ぐことが重要だと言えるでしょう。

animal_young-img.jpg
animal_young-item.png

ヤングに含まれる主な栄養素

アミノ酸18種類​

必須アミノ酸9種類・・・
スレオニン バリン イソロイシン ロイシン リジン
フェニールアラシン トリプトファン メチオニン ヒスチジン
非必須アミノ酸9種類・・・
アルギニン アスパラギン酸 グルタミン酸 セリン
プロリン グリシン アラニン チロシン シスチン

腸管免疫を高めることが病気予防の要です

腸は最大の免疫器官と言われ、体の60~70%の免疫を担当している臓器です。

口から肛門までの消化器系は、食べ物などに付着している細菌やウィルスなど外気と直接触れ合うため「内なる外」臓器とも言われています。
腸管免疫は、有益菌が活動し、異物=細菌・ウィルス、有害物質を排除するように発達した、私たちの身体を守る重要なシステムです。
つまり、腸内細菌を元気にしておくことが、病気予防につながります。

animal_young-item.png

アニマルヤング ペット用天然サプリメント

6,600円(税込)

飲ませ方

1日2回を添付のさじでそのまま、又は食事等に混ぜて与えて下さい。
<体重の目安>
  5㎏未満・・・小さじ 1を2回
10㎏未満・・・中さじ 1を2回
10㎏以上・・・中さじ 2を2回
※ 開封後は、必ずキャップを閉めて冷暗所で保存して下さい。